すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第3回 オタマジャクシ

すみればのオタマジャクシ、今シーズンの産卵時期は例年より
少し遅かったですが順調に育っています。

ところで、すみればの池にはどのくらいのオタマジャクシがいると
思いますか?

ご存知のように、すみればのオタマジャクシはアズマヒキガエル
幼生(オタマジャクシ)です。

アズマヒキガエルの卵のうはひも状で、長いものは10m以上になり
その中に、1500~8000もの卵が入っているそうです。

この春、一度に4ペアの抱接を確認しています。もちろん見逃しも
あると思いますので、少なく見積もっても6000匹、多い場合は
32000匹以上のオタマジャクシがいることになります。
(神奈川県で行われた調査で、平均4千数百卵という記録があります。)

来シーズンは是非、卵のカウントをしてみたいと思います。

そろそろ後ろ足の兆候が見えてきました。6月には子ガエル(幼体)
となって上陸すると思います。

ちなみにアズマヒキガエルの学名(Bufo japonicus formosus)は
ハンサムな日本のヒキガエル」の意味。

でも、「ヒキガエルのように素敵な人」とは言われたくないですね。
f0164137_2231516.jpg

[PR]
# by ikimono_sumireba | 2008-05-06 21:38 | 昆虫

第2回 クビキリギス

春の暖かい夜、住宅の植え込みなどから「ジィーーーーーー」
という、高い音(声)を聞いたことがありませんか?

虫の声とは気づかない(半信半疑)方もいるようですが、
声の主は「クビキリギス」というバッタ(キリギリス科)の仲間です。

成虫で越冬し、春から初夏の暖かい夜に鳴き声が良く聞かれます。

赤い鋭い口(大顎)を持っており、一度食い付くと首が取れても
放さない
ことからこのような名前が付いています。

咬まれるととても痛いですよ。

鋭い口をしていても、肉食ではなく主にイネ科の植物を食べています。

春に現れた成虫は産卵後、死んでしまいます。

幼虫は初夏から夏に現れ、秋に成虫になります。

f0164137_11491499.jpg


すみればには夜入れませんので、すみればでクビキリギスの声を聞く機会は
少ないですが、環八側の樹林から時々鳴き声が聞かれます
[PR]
# by ikimono_sumireba | 2008-04-23 22:56 | 昆虫

第1回 ツマツキチョウ

すみればで見られる白いチョウ。この時期に3種いるのご存知ですか?

1種は皆さんよくご存知のモンシロチョウ

もう1種は、モンシロチョウとよく比較されるスジグロシロチョウ

3種目が写真を添付したツマキチョウです。

写真では違いが歴然ですが、飛んでるときは、よく見ないと羽の先端の黄色い
部分は見えません。ちなみに羽の先が黄色いのはメス羽の先端は黒っぽい
をしています。

食草はタネツケバナなどのアブラナ科の植物です。すみればには食草がいっぱい。

モンシロチョウより少し小さく、羽ばたきが小さい(早い)ので、慣れると飛んでいる姿で
わかるようになります。

春にしか出ませんので、この時期に白いチョウを見たら、是非確認してみてください。

モンシロチョウより多い日もありますよ。
f0164137_11454448.jpg

[PR]
# by ikimono_sumireba | 2008-04-14 21:30 | 昆虫