すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第32回 ウスバキトンボ

7月の初めごろから、草地の上を沢山のトンボが飛んでいるのを
ご存知ですか?

うすい茶色のトンボで、赤トンボの仲間と思っている方もいるかと
思いますが、正体は「ウスバキトンボ」です。

赤トンボ(アカネ属)とは違う仲間です。

このトンボは、世界中の熱帯から亜熱帯に分布していて、暖かい
季節には亜寒帯まで分布を広げ
トンボの仲間で最も分布の広い種
と言われています。

また、渡りをすることでも有名で、それも一方通行の渡りをします

暖かい地域で生まれた個体の一部が北へ繁殖を繰り返しながら
移動します。

1か月ほどで卵から成虫になるので、日本には2代目あるいは3代目
が渡来し、次の世代がさらに北を目指します。

しかし、寒さに弱いため、秋に生まれた幼虫は越冬できず死んでしま
います。


成虫も南に戻ることはありません。

なぜ、毎年北に向かって移動するのかは謎です。

長距離を移動することから、後翅の幅が広いので、観察してみてください。


日本ではお盆のころ個体数が増えることから、

「先祖の霊がトンボに乗って来た」

とされ、セイレイ(精霊)トンボ、ショウリョウトンボ、ボントンボ、ホトケトンボ
などと呼んでいる地域もあり、採ったり、いじめたりしないように言われて
いたようです。

f0164137_21573292.jpg

[PR]
by ikimono_sumireba | 2009-08-11 22:00 | 昆虫