すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月~5月、庭や公園でキク科植物の新芽が萎れている
のを見たことありませんか?


犯人(犯虫?)はキクスイカミキリです。

体長1cmほどの黒いカミキリムシで、胸の赤い点がとても
可愛い
カミキリムシです。

でも、キクを大切にしている人には厄介者です。

春、ヨモギなどのキク科植物の新芽が伸びはじめたころに
出現し、新芽を齧って萎れさせてから産卵します。


孵化した幼虫は、親が萎れさせた茎を食べて大きくなり、
やがて生きている箇所の茎を根元に向って食い進み、根元
で蛹、成虫になって冬を越します。


植物の本体は生きており、春には新芽を出します。

すみればでは「ちょうちょ草花ゾーン」のノコンギク、
井戸周辺のセイタカアワダチソウ、ヨモギなどが被害を受け
ている
ので観察してみてください。

キクスイカミキリは萎れた新芽の近くに潜んでいますよ。

f0164137_23472612.jpg

     キクスイカミキリ

f0164137_2348676.jpg

     キクスイカミキリに齧られたセイタカアワダチソウ
[PR]
by ikimono_sumireba | 2009-05-15 22:34 | 昆虫

第29回 コミスジ

さて、旬の生きもの情報29をお届けします。

黒くて白い筋の入ったモンシロチョウ大のチョウが池の周りで、
滑翔と羽ばたきを繰り返して飛んでします。
時々、カエデの枝先に止まるので、良く観察してみてください。

白い筋が3本あります。
この模様から「コミスジ」と呼ばれています。

図鑑を見ると同じような模様のチョウが何種類もいますが、
すみればで見られるのは、体が最も小さい「コミスジ」だけです。

ツマグロヒョウモンと同じタテハチョウ科の仲間です。

主な食草(樹)はマメ科のハギ類などですが、広食性で、色々な
植物を食べています。

5月~6月頃と、8月~10月頃に出現しますが、春の個体は
白い筋が太く、はっきり
しています。

コミスジは「東京都の保護上重要な野生生物種」で、区部では
絶滅に瀕している種にあげられています。


確かに、以前は区内で見かける機会は少なかったですが、最近
樹林のある場所で、よく見かけるようになりました。

新たな食樹でも見つけたのでしょうか?
すみればで何を食べているか気になります。

林縁の陽だまりなどに縄張りを作っており、このような環境の
少ない住宅地で見かけることは稀ですが、今年のすみればでは
個体数が多いので、すぐに見つけることができますよ。

f0164137_23311848.jpg

     コミスジ(翅のおもて)

f0164137_23313948.jpg

     コミスジ(翅のうら)
[PR]
by ikimono_sumireba | 2009-05-05 16:00 | 昆虫