すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第14回 ナガサキアゲハ

今回の生きもの情報は「ナガサキアゲハ」、前回のアカボシゴマダラ
と違い、自力(?)で分布を広げているアゲハチョウです。

ナガサキアゲハは1980年代には紀伊半島が北限(東限)でしたが、
10年ほど前から神奈川県の湘南地方でも見られるようになり、
世田谷区内でも2~3年まえから見られるようになました。

温暖化の指標として取り上げられることが多いチョウです。

“すみれば”では昨年10月に初めて確認、今年は度々見られるようになり
NC前のユズで産卵も確認されています。

ナガサキアゲハの分布は平均気温15℃との相関があるといわれていますが、
すみればの平均気温はどうなんでしょう?

雄はクロアゲハより少し大きく、後翅の突起がなく、やや青味ががって見える
のが特徴
です。

雌は雄はより白っぽく、後翅に白斑があり、翅の付け根の赤斑が目立ちます

ナガサキアゲハの確認で、すみればでの黒いアゲハは3種(クロアゲハ、
カラスアゲハ、ナガサキアゲハ)になりましたので、見わけには注意して
くださいね。

(そのうち、似たもの見わけコーナーを作ります。)

f0164137_23504224.jpg

[PR]
by ikimono_sumireba | 2008-09-28 19:48 | 昆虫
名前だけでは、どんな昆虫か分からないかもしれませんが、
タテハチョウ科のチョウです。

このチョウは中国大陸に生息し、日本では奄美大島にその亜種が
生息しているだけでした。

ところが、1990年代後半に中国から持ち込まれたと思われる個体が
埼玉県と神奈川県で放チョウ(?)され、神奈川県では定着し、平地部を
中心に少しづつ分布を拡大しています。

世田谷区でも数年前から多摩川沿いで生息が確認されていましたが、
今年になって“すみれば”周辺でも、あちらこちらで目撃され、幼虫も
確認されるようになりました。

8月に入り、ついに“すみれば”でも成虫が目撃され、産卵も確認されました。

林縁にあるエノキの幼木を好みますので、そのうち、写真のような
幼虫が見られるかもしれません。
f0164137_23415461.jpg


皆さんも注意して探してみてください。

ところで、アカボシゴマダラは、在来のゴマダラチョウやオオムラサキと
同じエノキを食樹にしており、これら在来種への影響が懸念されています。

現在、特定外来生物の要注意種に指定され、今後の動向が注目されている昆虫です。

f0164137_23413340.jpg

[PR]
by ikimono_sumireba | 2008-09-22 22:18 | 昆虫