すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第18回 キンケハラナガツチバチとヒメハラナガツチバチ

お腹が長くて黄色い横じまのあるハチで、夏から秋にかけて
多く見られ、色々な花で吸蜜しているおとなしいハチです。

この時期はフジバカマノコンギクの花で見ることができます。

ハラナガツチバチの仲間は何種類かいますが、すみればで判っているのは
キンケハラナガツチバチ(♀の胸が黄色い毛で被われている)と
ヒメハラナガツチバチ(♀の翅の先が黒い)の2種です。

体が細くて触角が長いのはですが、雄はよく似ていて区別は難しいです。

ハラナガツチバチは巣を造りません。雌は地面を掘り、コガネムシの幼虫に
卵を産み、孵化した幼虫はコガネムシの幼虫を食べて育ちます。


ハラナガツチバチ類の成虫は地面スレスレを飛び回っていますが、どうして
地中にいるコガネムシの幼虫の居場所がわかるのか不思議です。

キンケハラナガツチバチの♀
f0164137_156983.jpg

ヒメハラナガツチバチの♀
f0164137_1563815.jpg

[PR]
by ikimono_sumireba | 2008-11-09 19:28 | 昆虫