すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第37回 モズ

寒い一日でしたね。
今日、すみればに来られた方は、何となく、得した気分になったことと
思います。クヌギ、モグサ・・・

さて、生きもの情報37をお届けします。
今回は、小さな猛禽と呼ばれている「モズ」です。

モズは秋の里山の情景を象徴する鳥で「キイー、キイー」
縄張りを宣言して鳴く大きな声は「高鳴き」と呼ばれています。

「すみれば」には、晩秋から早春に現れる冬鳥ですが、多摩川などでは
一年中見られる留鳥
です。

くちばしがカギ型に鋭く曲がっていて、枝先や杭の上から獲物の昆虫や
カエルなどを狙って地上に舞い降り、狩りをする姿から小さな猛禽
呼ばれています。

スズメなどの小鳥を襲うこともあるようですよ。

また、獲った餌のバッタやカエル、トカゲなどを尖った枝先などに刺す
「はやにえ」と言う変わった習性も持っています。

「はやにえ」は餌の少ない冬場の非常食として利用すると言われていますが、
実態は不明です。

ところで、モズは漢字で「百舌」と書きますが、どうしてでしょうか?

「キイー、キイー」と鳴く「高鳴き」は秋以外はほとんど聞かれず、
普段は、他の鳥の声を交えた複雑な声を出す、物まね名人(鳥)
で、
いろいろな鳥の声を真似することから「百舌」の字があてられている
ようです。

暖かくなると「さえずり」が聞かれるようになりますので、どんな鳥の声を
真似しているのか聞いてみてください。

尾をくるくる回す仕草も愛嬌がありますよ。

f0164137_0433295.jpg

[PR]
by ikimono_sumireba | 2010-02-13 21:59 |