すみればの住人たちを載せている ブログです。あなたは何種類の生き物、何種類の植物を覚えてますか?みんなで勉強しちゃいましょう♪♪♪


by ikimono_sumireba
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第35回 チョウゲンボウ

新年第一弾の生きもの情報は縁起の良い“タカ”です。

すみればで記録のあるタカ類はオオタカチョウゲンボウの2種です。
オオタカは既に書いているので、今回はチョウゲンボウ情報です。

チョウゲンボウはハトより少し大きく、羽と尾が細長くスマートな猛禽です。

チョウゲンボウって面白い名前ですよね。

漢字で書くと「長元坊」です。

名前の由来ははっきりしていませんが、「坊」は小さいことを意味します。

「長元」は蔑称の意味があるようです。

マグソタカと呼んでいる地方もあるようで、主に昆虫やカエルなどを餌として
いるので、鷹狩り用に利用(献上)できなかったことから付いているようです。

全国に分布し、都市近郊でも留鳥として生息していますが、秋から冬に
個体数が増えます


餌となる昆虫(バッタなど)や小動物、小鳥などが多い河川敷や農耕地、
空き地などが主な生息地
になります。

崖の岩棚で営巣しますが、鉄塔や橋梁、高い建物の隙間などでも営巣する
ので、都会でも繁殖できます。

すみればでも時々上空に現れます。上記したようにとてもスマートで、
尾の先端に黒い帯があること。上空で停止飛行(ホバリング)し、餌を
探す行動をとる
ことが特徴です。

先日、奥のベンチ付近にホオジロの仲間の羽が散乱していました。
餌のサイズ的にオオタカでは無さそうなので、チョウゲンボウが採餌
したものと思われます。

早朝など、誰もいないすみればで狩りをしているのでしょうか?

f0164137_0251440.jpg

ハト位の大きさです。

f0164137_025491.jpg

尾の先端に黒い帯があります。
[PR]
by ikimono_sumireba | 2010-01-01 09:21 |